Real Tech Fund Invests in Eight Knot, developing water transportation with autonomous navigation



 リアルテックホールディングス株式会社(所在地:東京都墨田区、代表:丸幸弘、永田 暁彦)が運営するリアルテックファンド*は、オンデマンド型水上交通の実現を目指す、自律航行技術開発スタートアップである株式会社エイトノット(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:木村裕人、以下「エイトノット社」)へ投資を実施したことをお知らせ致します。エイトノット社は今回の調達資金をもとに、実証実験を通して自律航行技術を進化させ、誰もが手軽に水上移動できる社会の実現を目指します。


■企業概要

 エイトノット社は「ロボティクスとAIであらゆる水上モビリティを自律化する」ことをミッションに、2021年3月に設立された自律航行技術開発スタートアップです。ロボティクスの専門家集団である開発チームは、実用的な技術を現実的なコストで、スピーディに開発することが可能です。創業から僅か半年で小型船舶向けの自律航行技術の開発と実証実験を成功させました。2025年の自律航行無人船の社会実装を目指しています。


■資金調達の目的と使途

 本ラウンドはDRONE FUND、15th Rock Venturesとの共同出資です。

<主な資金使途>

  • ロボティクス及びAIに精通したエンジニアリングチームの強化

  • EVロボティックボート活用した事業開発チームの強化

  • 自律航行機能を備えた小型船舶の開発

  • 遠隔監視システムの開発

  • 事業化を見据えた実証フィールドでの航行試験

 当社は、国内外の企業・スタートアップ・自治体等のエコシステム構築と各種専門チームによるHR・PR等の支援を行うことで、エイトノット社の事業成長を加速させてまいります。


■エイトノット社の取り組みと展望

 陸の自動運転や空のドローンなど、モビリティの自律化・自動化技術の興隆が著しい昨今、その潮流は船舶をはじめとする水上モビリティにも及んでいます。自律化が進むことで、水上モビリティの安全性、利便性、経済合理性の向上を図ることができ、四方を海に囲まれた日本において、旅客・物流の既存産業へ新たな移動・輸送手段となることが期待されています。また、災害時の代替輸送手段としての可能性も見直されています。

 グローバル市場、特に都市部での交通渋滞が深刻な社会課題となっている新興国において、舟運は重要な交通・輸送手段として利活用が推進されています。エイトノット社は「水上モビリティのロボット化」をコンセプトに、ロボティクスやAIなど先端技術を活用して、環境に配慮したEVロボティックボートによるオンデマンド型水上交通の実現を目指します。


■広島県大崎上島での実証実験(2021年10月)

 デジタル技術を活用して課題解決を図る実証実験「ひろしまサンドボックスD-EGGS PROJECT」にて、エイトノット社は離島住民の課題である「日用品の買い出しやゴミの搬出」に対して自律航行技術活用を検証し、「広島県知事賞」を受賞しました。


・動画リンク: https://youtu.be/YL3LlsLGuus


■担当者コメント

 エイトノット社の開発した小型船自律航行システムは、離島間水上交通としてはもちろん、観光・地域交通・資源管理など水上自律航行市場において大きなポテンシャルを有し、社会に大きな影響を与える事になると思いました。

 また、エイトノット社のビジネスは地域の課題解決をグローバルに展開可能な、まさに「グローカルディープテックベンチャー」であり、熱量とビジョンを持ったチームでやりきることが出来ると信じています。世界の課題解決の為、リアルテックファンドは共に走ってまいります。

(リアルテックホールディングス株式会社 グロースマネージャー 武川敏也)


*正式名称:「リアルテックファンド3号投資事業有限責任組合(通称:「グローカルディープテックファンド」)


■株式会社エイトノットについて

  • 設立年月:2021年3月8日

  • 所在地:大阪市堺市堺区北波止町10

  • 代表者:代表取締役CEO 木村裕人

  • 資本金:2805万円

  • 事業内容:EVロボティックボートの開発、オンデマンド型水上輸送システムの開発

  • 公式サイト:https://8kt.jp

  • 出資時期:2022年2月


■リアルテックファンドについて

地球や人類の課題解決に資する革新的テクノロジーを有するスタートアップ(リアルテックベンチャー)への投資育成を行うベンチャーキャピタルファンドです。国内外の政府・企業・自治体と密に連携し、技術の社会実装を最速・最大化させるためにフルハンズオンで支援を行っています。これまで200億円以上を運用し、国内外のスタートアップ60社以上に投資しています。 2021年には、ディープテック領域に投資するファンドとしては日本で初めてのインパクト投資ファンドを設立しました。


■リアルテックホールディングスについて

地球や人類の課題解決に資する革新的テクノロジー(リアルテック)の社会実装を目指して創設された、株式会社ユーグレナと株式会社リバネスの合弁企業です。研究開発型スタートアップとして幾多の困難を乗り越えてきたユーグレナと、研究から技術の社会実装への包括的な支援を行うリバネスの知見を活かし、投資育成などの事業を行っています。

HP: https://www.realtech.holdings


<お問い合わせ先>

リアルテックホールディングス株式会社

広報担当:成田

https://www.realtech.holdings/contact